Firebase イベント入門

Firebase とは?

まず初めに、Firebase とは一体なんでしょうか?

Firebase とは、Google によって運営される mBaaS サービスです。

スマホアプリ開発におけるバックエンド部分を、アプリ開発者が用意するのではなく、クラウドが提供してくれるという便利なサービスです。

Google アカウントが必要ですが、無料で使ってみることができます。


イベントとは?

Firebase には様々な機能がありますが、その中で今回はイベント機能について紹介したいと思います。

スマホアプリをリリースし運営を行っていると、ユーザー動向が知りたいという場合があります。ユーザーがよく見ている画面や、よく押しているボタンなどなど。

そういったユーザーの動向をチェックしたい部分のソースコードに、イベントを送信するコードを記述します。

例えば、Android では以下のようなコードになります。

Bundle params = new Bundle();
params.putString("key", "value");
firebase.logEvent("custom_event", params);

イベント名をセットし、任意のパラメータを付加することができます。

このコードが呼ばれると、ユーザーのアプリから Firebase のサーバーへと通信が行われて、イベントが記録されます。


送信されたイベントの確認

Firebase に記録されたイベントは、Firebase の管理画面 (Firebase コンソール) から閲覧することができます。

Firebase コンソールの左側のメニューから、アナリティクス > Events を選択します。すると、これまでにアプリから送られたイベントの一覧が表示されます。

具体的なパラメータを知りたい場合は、各イベントの右端にあるメニューから「パラメータレポートを編集」を選択します。開かれたダイアログからパラメータを選択することができます。ただし、プロジェクト毎にテキスト型のパラメータは10個までといった制限がありますので、注意して下さい。

なお、アプリからイベントを送信した場合に、Events 画面にイベントが記録されるまでに数時間かかることがあります。アプリを開発している最中は、即座にイベントの送信を確認したいものです。

Android の場合、ターミナルに以下のコマンドを入力します。これによりデバッグモードが有効になります。

$ adb shell setprop debug.firebase.analytics.app <package_name>

デバッグモードを無効にするには、以下のコマンドを入力します。

$ adb shell setprop debug.firebase.analytics.app .none.

また、iOS の場合は、Xcode の Edit Scheme > Run > Arguments > Arguments Passed On Launch に以下の設定を追加します。

-FIRDebugEnabled

デバッグモードを無効にするには、以下の設定を追加します。

-FIRDebugDisabled

デバッグモードを有効にした後、Firebase コンソールの左側のメニューの DebugView 画面を開いて下さい。アプリからイベントを送信すると、数秒後にそのイベントが表示されます。

イベントをクリックすると、追加したパラメータを確認することもできますので、便利にデバッグを行うことができると思います。

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

shiba

スマホアプリエンジニアです。
Firebaseについて勉強した事を書いていこうと思います。

Firebaseなら銀座ITラボ

銀座ITラボは、Firebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000