「Firebase」でアプリ開発:メリットと 代表的なサービスを分かりやすく説明します

そもそも「Firebase」とは何か?

Firebaseは、バックエンド側のインフラを提供するサービスである「mBaaS」のひとつです。


「mBaaS」は「Mobile Backend As a Service」の略で、

Mobile  … モバイルアプリ開発の
Backend … バックエンド
Service … サービス

つまり、モバイルアプリ開発のバックエンド機能を提供するサービス、ということになります。


「バックエンド」とは人間からは見えない部分で行っている処理部分のことで、具体的にはデータベースへの保存・読み出しや、計算などがありますが、サーバーまわりの処理がほとんどです。

ですので、mBaaSを使えばサーバーまわりの開発作業をする必要がなく、フロントエンド※側だけでアプリ開発が可能になる、ということになります。

※フロントエンド…ユーザーから見える処理部分のこと

Firebaseは、そういった「mBaaS」というサービスの一つで、現在はGoogle社によって提供されています。

もともとは2011年創業のシリコンバレーのスタートアップで生まれましたが、2014年にGoogleに買収され、GCPの仲間に入りました。


他のmBaaSと違う点は、モバイルアプリ開発に特化していることで、Firebaseを導入するだけでモバイルで開発するために必要なものがほとんど揃うため、開発にかかる時間やコストを大幅に減らすことができます。

また、GCP で提供されている様々なサービスと連携して使うことも可能です。




Firebaseで開発するメリット


コスト削減につながる

FIrebaseでアプリ開発をする1番のメリットは、ずばり「コスト削減」です。

通常、アプリを開発するためにはサーバー側の開発も必要になるのですが、これがほとんど必要なくなるので、工数的にも人件費的にもかなりのコスト削減につながります。

また、使用量に応じて課金されるシステムなので、それぞれのシステム規模に合った料金のみを支払うことができます。

サービスの利用者が増えても、サーバの増築を意識せず、増えた分だけ料金を支払えば良いので経済的です。


アプリの品質が向上する

サーバー側の開発・運用・保守に人員や工数をとられず、集中してアプリ開発を行うことができるため、アプリの品質が向上します。

また、FirebaseはアナリティクスやA/Bテストなど、アプリの品質向上のために必要なツールがそろっているため、「開発したら終わり」ということなく、継続的にアプリを発展させていくことができます。



Firebaseの 代表的なサービス3つ

Firebaseにはたくさんの機能が備わっていますが、ここでは代表的なものを3つご紹介します。


リアルタイム同期型データベース(Firebase Realtime Database )

ユーザー間でやりとりされるデータをリアルタイムで保存し、かつ同期を行うことができます。

例えばPCとスマホで同じアプリを立ち上げていても、PCで更新した内容はクラウドに保存された後、関係端末に数ミリ秒で同期されるため、スマホで確認すると、ほぼ同時に更新されたように感じられます。

接続が中断されてアプリがオフラインになっても、端末のローカルキャッシュを利用して変更を表示・保存し、オンラインに戻ると、ローカルデータが自動的に同期されるため、ユーザーは何も気にせず使用することが可能です。


ユーザ認証(Firebase Authentication)

ログイン機能が必要なアプリ開発も、Firebase Authenticationを使えば簡単にできます。

一般的に使用されているユーザーID(Facebook、Twitter、GitHub、Googleなど)で認証できる機能もありますし、パスワードや電話番号、メールアドレスなどでの認証が必要なら、それに応じたシステムを構築することも可能です。

Andoroid、iOS、ウェブのすべてで対応できます。

また、セッションも管理されるため、ブラウザやアプリを再起動してもログイン状態を維持することができます。


モバイル向けアナリティクス(Firebase向け Google アナリティクス)

1日でも長くアプリを使ってもらうためには、次の一手を戦略的に考える必要があり、そのためにはデータからユーザーの動向やニーズを正確に理解することがとても大切です。

そのため、多くのアプリ用の解析ツールが提供されていますが、異なったツールを駆使して全体的な傾向を把握し、解析することは難しいため、できれば一元化して同じ画面で解析することが必要になります。

Firebaseには専用の解析ツール(Google アナリティクス)が備わっているため、こちらを使用すれば、アプリでのユーザー行動に関するデータの取得・分析を簡単に行うことができます。

画像は「Firebase向け Google アナリティクス」のデモ画面です。

※「Firebase向け Google アナリティクス」は、webサイトの解析で一般的に利用されるGoogleアナリティクスとは異なります。

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

銀座ITラボ

銀座ITラボは、FIrebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000