【Firebase】Analyticsの情報をデータポータルで確認する方法①



前回こちらの記事で、Firebaseアナリティクスの情報をBigQueryを使って確認する方法をご紹介しました。


ですが、BigQueryはSQLなどを使用するなど開発者向けの要素も多く、一般的ではありません。

今回は、アナリティクスの情報を、より分かりやすく見せるための方法としてデータポータルをご紹介します。


前提条件:BigQueryとすでに連結済みであること

連携のやり方は こちら を参考にしてください



Google データポータル(旧データスタジオ)とは?


Google データポータルは、Google が無償で提供している データビジュアライゼーションツール です。

データビジュアライゼーションとは膨大で複雑なデータをグラフや図で分かりやすく表現する技術のことで、「データを分かりやすく伝える」ことを目的としています。

そのため、データポータルを使用すると、数字の羅列であるデータをグラフや図に変換して、見やすく分かりやすいレポートを作成することができます。



1.データポータルを開く


データポータル にアクセスします。
②画面左上の「作成」をクリックし、「データソース」を選択します。



2.BigQueryと連携する


① BigQuery を選択します。


②プロジェクト、データセット、表(テーブル)からそれぞれ対象のものを選択します。

※構造はBigQueryと同じです。


◆データセット

複数のテーブルをもつ、データベースのようなものです。

BigQuery にリンクしている Firebase プロジェクトごとに、「analytics_<property_id>」という名前のデータセットが追加されます。

今回はアナリティクスのデータを表示させたいので、データセットは「analytics_<property_id>」を選択します。


テーブル(表)

イベントのデータが確認できます。


[events_YYYYMMDD]
日付単位で作成されるテーブルです。前日分までのデータが確認できます。

[events_intraday_YYYYMMDD]

当日発生したイベントについてはこちらのテーブルを確認します。データはリアルタイムで追加されます。



③データソース名を任意の名前に変更し、画面右上の「接続」をクリックします。


④画面右上の「レポートを作成」をクリックします。

「このレポートにデータソースを追加しようとしています」と表示されるので、「レポートに追加」をクリックします。

⑤レポート作成画面が表示されます。

次回はこちらの画面を利用して、実際に Firebaseアナリティクス の情報を表示していきます。

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

銀座ITラボ

銀座ITラボは、FIrebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000