意識しておきたいFirebaseAnalyticsに設けられた制限

はじめに

Firebaseの導入が決まり、各項目どのように設定するのか設計を行う際に、考慮すべきFirebaseAnalyticsで各項目に設定された制限について書きたいと思います!

FirebaseAnalyticsのエラーコードから、どのような制限があるのか検証を行いました。検証したのは、下記の一覧です。

アナリティクスのエラーコード


イベント関連

設定数に関する制限

  • 1イベントに設定できるパラメータは25件
  • イベントは500件/アプリが上限です。
  • 現在、イベント数が上限に達しても、不要なイベントの削除はできません
  • パラメータレポートは合計 100 個(数値 50 個、テキスト 50 個)※つい2週間ほど前まで、50件/プロジェクト(数値 40 個、テキスト 10 個)だったので、大幅に使いやすくなりました!


イベント名、パラメータ名に関する制限

  • 1~40文字の英数字、アンダースコア
  • ドキュメントに記載はないですが、日本語も可能(日本語でも40文字までOK)
  • 1文字は必ずアルファベットである必要があります。(数字やアンダースコアで始まる値を設定することはできません。)
  • ただし、日本語の場合は、1文字目はアルファベットでなくても設定可能です。
  • 自動イベントなどですでに利用されているイベント名、パラメータ名は設定できません。

参考:自動的に収集されるイベント

参考:イベントとパラメータの詳細


イベント パラメータ値に関する制限

  • 文字列の場合は100文字まで設定可能(半角英字でも日本語でも、100文字までOK)
  • 数値は整数、小数、マイナス値もOK


ユーザープロパティ関連

ユーザー プロパティ名に関する制限

  • 1~24文字の英数字、アンダースコア
  • ドキュメントに記載はないですが、日本語も可能(日本語でも24文字までOK)
  • 1文字は必ずアルファベットである必要があります。(数字やアンダースコアで始まる値を設定することはできません。)
  • ただし、日本語の場合は、1文字目はアルファベットでなくても設定可能です。
  • 自動的に収集されるユーザープロパティと同じプロパティ名は設定できません。

参考:自動的に収集されるユーザー プロパティ

参考:イベントとパラメータの詳細


ユーザー プロパティ値に関する制限

  • 1~36文字が設定可能
  • 1度設定したユーザープロパティを削除したい場合は、値にnullを設定すると削除できます。


まとめ

エラーコードの番号に欠番があったりもするので、日々変化しそうです。実際に動かして検証してみることで、ドキュメントに記載されていないこと、ドキュメントとの相違点もわかりました。この設定項目に制限があったなぁと頭の片隅に置いておけば、設計の時にちょっと役に立つかもしれません!


※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

mochi

SIerで3年、Web制作会社で3年、主にWeb系のJava、Androidエンジニアとして働いてきました。2015年から3年、出産・育児で開発を離れており、2019年4月からシンプルメーカーで勤務しているママエンジニアです。現在はFirebase案件を担当しています。

銀座ITラボ

銀座ITラボは、FIrebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000