Firebase Authentication について

Firebase Authentication とは?

ユーザの作成や管理、ログインの機能を提供してくれるサービスです。

1から実装すると面倒なこれらの機能を、Firebase を利用することでお手軽にアプリに組み込むことができます。

認証方法は、幾つかのものから選ぶことができます。

例えば以下のようなものがあります。

  • メールアドレスとパスワードによる認証
  • GoogleやFacebookのアカウントを使用した認証
  • 電話番号認証
  • 匿名認証


メールアドレスとパスワードによるユーザ作成

機能の有効化

それぞれの認証ごとに、有効化をする必要があります。

Firebase コンソールを開き、画面左のメニューから「Authentication」を選択します。

「ログイン方法」タブを選択します。

「ログイン プロバイダ」の一覧から「メール / パスワード」を選択し、「有効にする」スイッチをオンにして、保存ボタンを押します。


実装

メールアドレスとパスワードを使ったユーザ作成の実装について説明します。

まず、アプリにログイン画面を用意して、「メールアドレス」と「パスワード」の入力欄を設置し、ログインボタンを設置します。

ユーザがログインボタンを押下したときに、コールバック関数のなかで以下の処理を実行します。

createUserWithEmailAndPassword 関数に、ユーザが入力したメアドとパスワードを渡します。

非同期で結果のレスポンスが返ってきますので、成否に応じて続きの処理を行います。

成功した場合は、ユーザが作られています。


作られたユーザの確認

作られたユーザは、Firebase コンソールの「Authentication」画面にて確認できます。

「ユーザー」タブを選択して下さい。

メールアドレスを使って作ったユーザは、識別子がメールアドレスになっています。

また、プロバイダのところにメールのアイコンが表示されています。


ログイン

アプリにおいて、作成済みのユーザのメアドとパスワードを使って、ログインをするには、以下のようにします。

signInWithEmailAndPassword 関数に、メアドとパスワードを渡します。


ログインしていることの確認

現在ユーザがログインしていることを確認するには、以下のようにします。

ログインしている場合は、getCurrentUser 関数がユーザ情報を返します。

null が返った場合は、ログインしていません。


ログアウト

ログアウトを行うには、以下のようにします。


確認メールを送信する

上述した方法でユーザを作成した時点では、メールアドレスが認証されていない状態になっています。

以下のコードで、それが確認できます。

メールアドレスを認証するには、以下のようにします。

sendEmailVerification 関数を実行すると、ユーザのメールアドレスに確認メールが送信されます。

ユーザが受信した確認メールの中のリンクを開くと、メールアドレスが認証されます。

なお、確認メールの文言などは、Firebase コンソールの Authentication 画面の「テンプレート」タブの画面で設定することができます。

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

銀座ITラボ

銀座ITラボは、FIrebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000