FirebaseとGoogleアナリティクスを連携する方法

やりたいこと

「FirebaseAnalyticsとGoogle Analyticsを連携し、分析データを一元管理したい」そう思ったことのあるマーケティング担当者の方は多いのではないでしょうか?

この記事では、GTM(Google Tag Manager)というサービスを使って、FirebaseとGAを連携する方法をお伝えします。


連携できたら何が嬉しい?

FirebaseとGoogleAnalyticsの機能の差の為に、ウェブとアプリを同一条件での分析が難しかったのですが、FirebaseAnalyticsのデータをGoogleAnalyticsと連携することによって、Google Analyticsでウェブとアプリの分析を一元化できるようになります。


GTMの役割

Google Tag Managerは、FirebaseAnalyticsのイベントをトリガーに、GoogleAnalyticsへデータを転送する役割を担っています。

具体的な設定方法を、以下にまとめていきます。


前提条件

  • アプリにFirebaseAnalytics、GoogleTagManagerが導入済みの状態であること
  • 各導入方法は下記を参照ください。
  • Android、iOSそれぞれのGTM コンテナが作成済みであること


GTMで連携する方法

GTMには、タグ、トリガー、変数という主に3つの設定が必要になってきます。

それぞれどんな役割なのかについて説明しつつ、設定手順を書いていきます。

今回は、Firebase側でカスタムイベント"event_A"に付与したパラメータ"param01"、パラメータ値"001"と設定されていて、パラメータ値が欲しい場合の設定について、詳しく説明していきます。


変数とは

Firebaseにて、各イベントにパラメータを設定していますが、そのパラメータ値を取得するための受け皿が、変数となります。

  1. 「変数」を選択し、変数一覧を表示します。
  2.  変数一覧画面にて、「新規」ボタンを押下します。
  3.  変数タイプを「Firebase>イベントパラメータ」に設定します。
  4.  イベントタイプに「Custom Parameter」を選択します。
  5.  イベントパラメータキーに、取得したいパラメータのキーを設定します。上の例であれば、「param01」を入力します。
  6.  任意の名前を設定します。
  7. 「保存」ボタンを押下します。

これで変数の設定は完了です!次にトリガーの設定を行います。


トリガーとは

トリガーとは、GTMのタグが応答するための条件を指定したものです。

例えば、event_Aに付与されたパラメータを取得したいときには、event_Aをトリガーに指定します。

  1. 「トリガー」を選択し、トリガー一覧を表示します。
  2.  トリガー一覧画面にて、「新規」ボタンを押下します。
  3.  トリガーのタイプを「その他>カスタム」に設定します。
  4.  トリガーの発生場所に「一部のイベント」を選択します。
  5.  発生条件を指定します。今回はイベントを取得したいので、左に「Event Name」、中央は「等しい」、右に取得したいイベント「event_A」を指定します。この設定で、「イベント名がevent_Aに等しいとき」というトリガーが設定できます。
  6.  任意の名前を設定します。
  7. 「保存」ボタンを押下します。

これでトリガーの設定は完了です!次に、タグの設定を行います。


タグとは

GTMが実際にどのように動作するのか、を設定するのがタグです。今回の例の場合だと、GAにどう連携するのか、を設定するものです。


  1. 「タグ」を選択し、タグ一覧を表示します。
  2.  タグ一覧画面にて、「新規」ボタンを押下します。
  3.  タグタイプを「Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス」に設定します。
  4.  トラッキングタイプを「イベント」に設定します。
  5.  イベントトラッキングパラメータを設定します。イベントトラッキングパラメータとは、GA側で表示される値になります。テキストボックスの右側のボタンを押下すると、設定した変数の一覧から選択が可能です。param01をGA側に連携するためには、ここに上で作成した「param01」の変数を指定します。
  6. Googleアナリティクス設定をします。※トラッキングIDの確認方法は別記事にします。
  7. 「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを入れます。
  8.  配信トリガーに上で作成した「event_A」イベントのトリガーを設定します。
  9.  任意の名前を設定します。
  10.  「保存」ボタンを押下します。



ここまででGTMのタグの設定は完了です。


公開する

今までの手順で設定してきた内容を公開することで、FirebaseとGAの連携が開始します。

ワークスペース右上にある、「公開」ボタンを押下し、任意のバージョン名をつけ、「公開」ボタンを押下します。

アプリに反映させるためには、自動反映では最大12時間かかります。すぐ確認したい場合は、一度アプリを削除し再インストールしてください。そうすることでコンテナが即時反映されます。


連携結果

連携した結果が、下のキャプチャになります。

赤枠で囲った場所に、タグのイベントトラッキングパラメータに設定した値が表示されていることがわかります。



まとめ

GTMを使った、FirebaseとGAの基本的な連携方法についてまとめました。

今までアプリはFirebase、ウェブはGA、と異なる場所での確認が必要だったのが、連携することでGAでウェブとアプリが一緒に確認することが可能になります。GTMには他にも便利な使い方がたくさんあるので、また記事にまとめていきたいです。

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

mochi

SIerで3年、Web制作会社で3年、主にWeb系のJava、Androidエンジニアとして働いてきました。2015年から3年、出産・育児で開発を離れており、2019年4月からシンプルメーカーで勤務しているママエンジニアです。現在はFirebase案件を担当しています。

銀座ITラボ

銀座ITラボは、FIrebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000