【Googleアナリティクス】[アプリとウェブ] ウェブサイトの設定方法

Googleアナリティクスに新しいプロパティ「アプリとウェブ」が追加されました。(ベータ版)

これは文字通り、アプリとウェブサイトのデータを組み合わせて測定できるプロパティになります。

この「アプリとウェブ」でのウェブサイトの設定方法が、従来と少し異なる点がありましたので、こちらでやり方をご説明します。


やりたいこと

Googleアナリティクスのプロパティ「アプリとウェブ」でウェブサイトを設定する


前提条件

Google タグマネージャーを使用します


設定手順


Googleアナリティクスの設定


1.Googleアナリティクスを開いて、「管理」を押下します。


2.アカウントを選択し、「プロパティを作成」を押下します。


3.「アプリとウェブ」を選択し、「プロパティの設定」を押下します。


4.プロパティ名を入力し、業種・レポートのタイムゾーン・通貨を選択した後、「作成」を押下します。


5.「データ収集を始めるためにデータストリームを設定します」と表示されるので、「ウェブ」を選択してください。


※データストリームとは?

データを収集している特定のアプリやウェブサイトです。
1 つのプロパティ内で複数のデータ ストリームをトラッキングできます。

出典:アナリティクスヘルプ

新しいプロパティ「アプリとウェブ」では、この「データストリーム」という概念が出てきます。

これにより、アプリとウェブサイトの両方を計測できるほか、複数のアプリを計測することも可能になります。



6.ウェブサイトのURLとストリーム名を入力し、「ストリームを作成」を押下してください。

ウェブサイトのURL:計測するウェブサイトのURLを設定します
ストリーム名:従来のアナリティクスのビュー名の代わりのようなものです


7.「プロパティ」→「データストリーム」→「ウェブ」タブを選択し、測定IDをメモしておきます。



タグマネージャーの設定


1.Googleタグマネージャーを起動します

こちらの画面で「タグマネージャーにログイン」をクリックしてください


※タグマネージャーの設定方法についてはこちらをご参照ください



2.「タグ」を選択し、「新規」を押下してください。


3.タグの名前を入力し、タグの設定をクリックします。



4.タグタイプで「Google Analytics: App + Web Configuration」を選択します。



5.「測定ID」に、7でメモした測定IDを入力します。配信トリガーは[All Pages]を選択します。


6.タグを公開します。


結果


新しく追加したプロパティで、ウェブサイトが計測されるようになります。


まとめ

今回はウェブサイトの設定方法のみでしたが、アプリ側の設定についても記載する予定です。

ベータ版なので、現段階で本格的に使用するのは難しいかもしれませんが、将来アプリを導入する予定があるなら、今のうちから設定しておくとアプリのデータストリームを追加するだけで対応できるので便利ですよ。



こちらの記事も合わせてお読みください


※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

bono

業務では主にウェブサイトの解析、レポート作成、改善提案などを行っています。
上級ウェブ解析士

銀座ITラボ

銀座ITラボは、FIrebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000