FirebaseのユーザーIDをGoogleアナリティクスのカスタムディメンションに設定する方法

これまでに、GTMを使ってFirebaseとGoogleアナリティクスを連携する方法、Firebaseの特定のイベントをブロックする方法を書いてきました。今回は、GAのカスタムディメンションの設定方法を書きたいと思います。

関連:FirebaseとGAを連携する方法

関連:GAに連携するときに、Firebaseの自動イベントを除外する方法


今回の内容は、FirebaseとGAを連携して、FirebaseのユーザーIDをカスタムディメンションに設定する方法です。

FirebaseのユーザーIDは、ユーザーを一意に識別することが可能な値で、一度アプリ内で設定すると、自動でイベントのユーザープロパティに付与される仕様なので、イベント毎にユーザーIDを送信する必要はありません。

このユーザーIDと、GAで用意されているカスタムディメンションを使うことで、より使い勝手の良いレポートを作成することが可能です。

カスタムディメンションとは、標準で用意されているレポートとは違う、独自の切り口で解析を行うことが可能にするためのGoogleAnalyticsの機能です。

例えば、有料会員と無料会員を分けて計測したい、性別で PV数を分けて表示したいといったことが、カスタムディメンションを使うことで可能となります。

参考:カスタム ディメンション / 指標


設定手順

前提条件

  • アプリにFirebaseAnalytics、GoogleTagManagerが導入済みの状態であること
  • 各導入方法は下記を参照ください。
  • Android、iOSそれぞれのGTM コンテナが作成済みであること
  • アプリ側でユーザーIDの設定を行っていること


手順1  Googleアナリティクスで、カスタムディメンションを作成します

「管理」>プロパティ列の「カスタム定義」>「カスタムディメンション」>「新しいカスタムディメンション」 と辿って、カスタムディメンションの設定を行います。

任意の名前をつけ、範囲に「ユーザー」を指定し、アクティブにチェックを入れます。


手順2 GTMでユーザーIDの変数を作成します

変数のタイプを「Firebaseユーザープロパティ」に設定し、キー名に「_id」を指定します。


手順3  GTMのタグで、カスタムディメンションを設定します

タグの設定画面下部の「詳細設定」>「カスタムディメンション」を開きます。

インデックスを設定します。この番号は、GAのカスタムディメンション一覧の「インデックス」に表示されている番号を入力します。

ディメンションの値に、手順2で設定したユーザーIDの変数を指定します。


GAでの確認方法

GAレポートにて、「セカンダリディメンション」>「カスタムディメンション」>「手順1で設定したディメンション」を選択します。

ユーザーID毎にイベント数が表示されるようになりました。


まとめ

ユーザーIDだけでなく、ユーザープロパティに設定した値をカスタムディメンションに設定することも可能なので、カスタムディメンションを使いこなすことで、より解析が行いやすい環境が整えられるようになるかと思います!


※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

mochi

SIerで3年、Web制作会社で3年、主にWeb系のJava、Androidエンジニアとして働いてきました。2015年から3年、出産・育児で開発を離れており、2019年4月からシンプルメーカーで勤務しているママエンジニアです。現在はFirebase案件を担当しています。

銀座ITラボ

銀座ITラボは、FIrebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000