【Googleアナリティクス】User ID機能を使って会員ごとの動きを見る


やりたいこと

・Googleアナリティクスで会員IDごとにどのページを閲覧しているか把握したい

・1人のユーザーがPCやスマホを利用してサイトに訪問した場合、これらを1人のユーザーとしてカウントしたい



前提条件

・会員がログインできるサイトであること
・サイトにGoogleTagManagerが導入済みの状態であること

※タグマネージャーの設定方法はこちらを参照してください



発生する作業

・Google Analyticsの操作
・Google Tag Managerの操作
・ソース埋め込み作業




Googleアナリティクス内のイメージ

・会員IDごとに把握する場合、User-IDを使用します。
・User-ID のデータは、専用の User-ID ビューにのみ表示されるため、ビューを新規作成します。



【1】Google アナリティクスの設定方法


(1)User IDを設定します


①「管理」>プロパティ列の「トラッキング情報」>「User-ID」を押下します。


②「①User-ID に関するポリシーの確認」で、「User-IDに関するポリシーに同意します」をオンにします。


③「②User-ID の設定」で、「セッション結合」をオンにします。


④「③User-IDビューの作成」で、「作成」ボタンを押下して、User-IDを確認するための専用のビューを新規作成します。


⑤User-IDを確認するための専用のビューを新規作成します。

・レポートビューの名前:ビューの名前です。分かりやすい名前が良いです。
・レポートのタイムゾーン:日本の場合は、日本時間にしてください
・User-IDレポートを必ずオンにしてください(後から変更できません)

「ビューを作成」を押下します。


(2)カスタムディメンションを設定します



①「管理」>プロパティ列の「カスタム定義」>「カスタムディメンション」を押下します。


②カスタムディメンションを新規追加します

※この記事ではカスタムディメンションを初めて設定したため、Googleタグマネージャーで設定するインデックスは「1」になります。



【2】Google タグマネージャーの設定方法


大まかな流れ


1.変数を設定し、そこに取得した会員IDを入れます

2.トリガーで配信するタイミングを「会員用」「非会員用」に分けます

3.タグを設定します



1.「変数」の設定方法


①変数を新規追加します

・変数名:任意の名前(この記事だと「会員ID」)
・変数のタイプ:データレイヤーの変数
・データレイヤーの変数名:任意の変数名(この記事だと「uid」)


②設定した変数に値を渡すコードを記述します(エンジニアと要相談)



2.「トリガー」の設定方法


①会員ユーザー用のトリガーを新規追加します

・トリガーのタイプ:変数を設定する場所によって変わります。(エンジニアと要相談)
・このトリガーの発生場所:「一部のウィンドウの読み込みイベント」をクリック
・条件:会員IDが[undefined]と等しくないもの


②非会員ユーザー用のトリガーを新規追加します

・トリガーのタイプ:変数を設定する場所によって変わります。(エンジニアと要相談)
・このトリガーの発生場所:「一部のウィンドウの読み込みイベント」をクリック
・条件:会員IDが[undefined]と等しいもの


3.「タグ」の設定方法


(1)既存のタグを変更します。

現在こんな状態になっているかと思いますが、こちらを非会員用のタグにします。


①タグの名前を変更します

※この記事では「テスト環境用サイト」 → 「非会員_テスト環境用サイト」に変更


②トリガーを「非会員ユーザー」に変更します


(2)会員用のタグを新規追加します。


①User IDを設定します(「詳細設定」> 「設定するフィールド」)

・フィールド名:userId (カーソルをあわせると一覧が表示されるので、そこから選択してください)
・値:会員ID(「変数」で設定した値です。右横の+ボタンを押下すると一覧が表示されるので、そこから選択してください)


②カスタムディメンションを設定します(「詳細設定」> 「カスタムディメンション」)

・インデックス:この記事では「1」 ※Googleアナリティクスのカスタムディメンションを確認してください
・ディメンションの値:会員ID(「変数」で設定した値です。右横の+ボタンを押下すると一覧が表示されるので、そこから選択してください)


③配信トリガーを「会員ユーザー」で設定します



【3】確認方法


①新規作成したビュー(この記事だと「会員IDのビュー」)を選択します

②「オーディエンス」 > 「ユーザーエクスプローラ」 をクリックすると、ユーザーIDが一覧で表示されるので、見たいIDをクリックして確認します。


※今回使用したユーザーIDは、Firebaseを使用することでアプリと連携することも可能です。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

bono

業務では主にウェブサイトの解析、レポート作成、改善提案などを行っています。
上級ウェブ解析士

銀座ITラボ

銀座ITラボは、FIrebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000