【App+Webプロパティ】Webページの導入方法(gtag.js編)

Googleアナリティクスの新しいApp+Webプロパティの、グローバルサイトタグ(gtag.js)を使ったウェブページ側の設定方法と、ユーザーIDなどのユーザープロパティ、カスタムイベントの設定方法についてまとめます。


App+Webプロパティとは??という方は、まずこちらの記事をご覧ください。App+Webプロパティの特徴についてまとめました。



導入方法

事前準備

App+Webプロパティを作成しておく。App+Webプロパティの作成方法については、下記ページの「Googleアナリティクスの設定」をご確認ください。(GTMの設定は今回は不要です。)


設定手順

1. App+Webプロパティの「管理」>「プロパティ」>「データストリーム」>「ウェブ」を表示します。


2. タグ設定手順の「新しいタグをページに追加する」>「グローバルサイトタグ(gtag.js)」のコードをコピーします。


3. 計測したいサイトのHTMLファイルの<head>タグの一番上に、コピーしたコードを貼り付けて保存します。

ここまでの設定で、自動的に収集されるpage_viewなどのイベントやパラメータがGoogleアナリティクスのレポートで確認ができるようになります。ちなみに、連携したいGoogle アナリティクス プロパティが複数ある場合は、下記のコードのように、MEASUREMENT_IDを変更して、複数指定することも可能です。

もっとカスタマイズして使いやすく、分析しやすくしたい場合は、ユーザーIDやカスタムイベントについても設定する必要があります。


ユーザーIDの設定方法

先ほど設定手順3でコピー&ペースとしたソースの

の部分(手順3のキャプチャの11行目)を、下記のように書き換えます。"USER_ID"のところは、設定したいユーザーIDに変更してください。

今までのGoogleアナリティクスでは、ヒット毎にユーザーIDを付与する必要がありましたが、App+WebプロパティのユーザーIDはこのスニペット部分で一度定義するだけで、このページで発生したイベントに自動でユーザーIDが紐付きます。


カスタムイベントの設定方法

カスタムイベントは下記のように記述します。

EVENT_NAMEには任意のイベント名を、KEYとVALUEにはパラメータキーとパラメータ値が入ります。イベントパラメータを複数設定したい場合は、カンマ区切りで設定することができます。


まとめ

今回は、グローバルサイトタグ(gtag.js)を使った、App+Webプロパティのウェブ側の設定方法についてまとめました。App+Webプロパティはまだベータ版ですが、これからの主流となっていくツールだと思うので、今使っているGoogleアナリティクスと並行してデータを収集し、スムーズに移行出来るように準備をしておくといいかもしれません。


GTMを使ったApp+Webプロパティの、ウェブの設定方法については、こちらをご覧ください。

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

mochi

SIerで3年、Web制作会社で3年、主にWeb系のJava、Androidエンジニアとして働いてきました。2015年から3年、出産・育児で開発を離れており、2019年4月からシンプルメーカーで勤務しているママエンジニアです。現在はFirebase案件を担当しています。

Firebaseなら銀座ITラボ

銀座ITラボは、Firebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000