Firebase CLI について

Firebase CLI を使ってみる

Firebase の設定を行う場合、ブラウザを使う方法 (Firebase コンソール) と、コマンドラインツール (Firebase CLI) を使う方法があります。

今回は、Firebase CLI の簡単な使い方について書いてみたいと思います。


導入方法

npm コマンド (Node.js) をまずインストールする必要があります。

OS によって方法は異なりますが、例えば Windows の場合、Node.js 公式サイトにインストーラがありますので、それを使用すると良いと思います。


npm コマンドを使えるようにしたら、コンソールを開いて、以下のコマンドを入力します。

$ npm install -g firebase-tools

これによって、Firebase CLI がインストールされます。

試しに、以下のようにコマンドしてみると、使用方法一覧が表示されます。

$ firebase

また、以下のようにコマンドすると、バージョン番号が表示されます。

$ firebase --version


ログイン

Firebase CLI (firebase コマンド) を使って、Firebase にログインしてみます。

まず最初に、適当な場所に、作業用のフォルダ (プロジェクトフォルダ) を作って下さい。

そして、そのフォルダに移動します。


Firebase にログインするには、以下のコマンドを実行します。

$ firebase login

するとブラウザが起動して、Firebase アカウントのログイン画面が表示されます。

アカウントを選択して、ログインして下さい。

(もし Firebase アカウントがない場合は、Firebase コンソールから作成して下さい。)


コンソールに Success と表示されていれば、ログインに成功しています。

$ firebase logout

とコマンドすることで、ログアウトできます。


プロジェクトの開始

作業を開始する場合、まず最初に現在のフォルダを初期化するために、以下のコマンドを実行します。

$ firebase init

このコマンドは会話形式で進行していきます。

まず、どのサービスを使いたいかを質問されます。

Firebase CLI から使用できるサービスは、Cloud FirestoreCloud FunctionsFirebase HostingCloud StorageRealtime Database といったものがあります。

使いたいものをスペースキーで選択して、エンターで決定します。


次に、どのプロジェクトを使うかを尋ねられます。

ここで新しくプロジェクトを作ることもできますが、予め Firebase コンソールから作っておくこともできます。


次に、例えば Hosting を選択した場合、Hosting の設定について尋ねられます。

ホスティングするファイルを格納するフォルダ名を答えます。

デフォルトでは、public となっています。

また、SPA にするかどうかを尋ねられます。デフォルトでは、NO になっています。


コマンドが完了すると、complete と表示されます。

Hosting の初期化を行った場合、カレントフォルダに、ホスティング用のフォルダが作成されています。


ローカルでの実行

Firebase CLI を使うことで、ローカル環境で Firebase の動作をエミュレートしてテストすることができます。


例えば、ホスティングのテストを行いたい場合、以下のようにコマンドします。

$ firebase emulators:start --only hosting

ローカルサーバの起動が完了すると emulators started のように表示されます。

表示されたローカルのURLをブラウザで開くことで、サービスの動作をチェックすることができます。


エミュレータを停止させるには、コンソールで Ctrl+C を入力します。


プロジェクトの管理

現在ログインしているアカウントに紐付いている Firebase プロジェクトの一覧を表示します。

$ firebase projects:list

ここで (current) と表示されるプロジェクトが、カレントのプロジェクトです。

デプロイなどを行った場合、このプロジェクトに対して実行されます。

$ firebase use <project_id>

上記のようにコマンドすることで、カレントのプロジェクトを変更できます。


※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

shiba

スマホアプリエンジニアです。
Firebaseについて勉強した事を書いていこうと思います。

Firebaseなら銀座ITラボ

銀座ITラボは、Firebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000