Cloud Functions for Firebase について

Cloud Functions for Firebase を使ってみる

Cloud Functions for Firebase は、Firebase の各サービスに対するトリガーや、HTTP リクエストに応じて、様々な処理を行わせることができるサービスです。

HTTP トリガーを使うことによって、Web API を公開することができます。


導入方法

まず、Firebase CLI をインストールしておく必要があります。

(以前紹介しました こちら の記事などを参考にして下さい。)

適当なフォルダを作成し、その中に移動します。

そして Firebase にログインし、以下のコマンドを実行します。

$ firebase init functions

使用するプロジェクトや使用言語などを返答します。

ここでの説明では、JavaScript を使用します。

コマンドが完了すると、complete と表示されます。

フォルダ内に functions というフォルダが出来ています。

その中に index.js というファイルがあります。これを編集します。


コメントを外して以下のようにします。


動作確認

ローカルエミュレータで動作確認してみます。

以下のようにコマンドします。

$ firebase emulators:start --only functions

起動が完了すると URL が表示されるので、ブラウザなどで開きます。

Hello from Firebase!

のように表示されたら成功です。

コンソールに Ctrl+C と入力すると、エミュレータを終了できます。


デプロイ

Firebase のサーバにデプロイしてみます。

以下のようにコマンドします。

$ firebase deploy --only functions

Firebase コンソールを開き、メニューから「Functions」を選択して下さい。

ダッシュボード に helloWorld という関数が登録されていれば成功です。

トリガーに書かれた URL を開くことで、動作をチェックできます。


GET パラメータの取得

先ほど作った helloWorld 関数に、パラメータを渡してみます。

スクリプトを以下のように書き換えます。

URL の末尾を以下のようにしてアクセスします。

helloWorld?foo=bar

すると以下のように表示されます。

{"method":"GET","foo":"bar"}

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

shiba

スマホアプリエンジニアです。
Firebaseについて勉強した事を書いていこうと思います。

Firebaseなら銀座ITラボ

銀座ITラボは、Firebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000