【Firebase】Analyticsの情報をデータポータルで確認する方法③

データポータルの編集画面で、実際にレポートを作成する方法をご紹介します。



やりたいこと

・イベントに関係する内容を一覧で確認したい


完成図


使い方



1.表の作成方法

①画面上部のメニューで「グラフを追加」をクリックし、「表」を選択します


②画面右側にプロパティが表示されるので、下記内容で設定を行います

設定内容

■ディメンション:

Event Date
Event Name
Event Param Name
Event Param Value(String)

■指標:

Event Param Value

■並べ替え:

Event Date、昇順


③表がキャンパスに挿入されます



2.フィルタの作成方法


①画面上部のメニューで「フィルタオプション」を選択します

②画面右側にプロパティが表示されるので、下記内容で設定を行います

■ディメンション:Event Name


※スコアカードの作成方法はこちらを参照してください


3.フィールド名について


下記①②のフィールド名は、内容が同じでも名前が少し違うものがあるので、混乱する場合があります。

①データポータルのフィールド名
②BigQueryのフィールド名


①と②の相互関係を一覧でまとめましたので、参考にしてください。
*は繰り返しデータです



関連する記事

【Firebase】Analyticsの情報をデータポータルで確認する方法①
(データポータルとBigQueryと連携する方法)


【Firebase】Analyticsの情報をデータポータルで確認する方法②
(データポータルでグラフを作成する方法)



※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

bono

業務では主にウェブサイトの解析、レポート作成、改善提案などを行っています。
上級ウェブ解析士

Firebaseなら銀座ITラボ

銀座ITラボは、Firebase、iOS/Androidアプリ、AI、クラウドサービス等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000