Firebase Startup #3に参加してきました

前回に引き続き、2020年1月19日(日)に行われた、Firebase Startup #3に参加してきました。

今回はチーム参加枠がなかったため、個人での参加になります。

※イベントの詳細はこちら

※過去の参加の記事はこちらをご覧ください

1回目
2回目


startupというと最先端の技術をもったエンジニア達の開発による「起業」や「新規事業の立ち上げ」といった言葉が浮かびますが、私個人の話をしますと、むかーし昔、COBOLという言語を使って開発をしていたことはありましたが、今は主に解析などの仕事を行っているため、「開発」という行為自体をやっていない状態でした。


もちろんFirebaseは初心者です。
むしろ「Githubって何?」という恐ろしい有り様です。


「なんか面白そう」という理由だけでウッカリ行ってしまい、どう考えても役に立たない「超初心者枠」での参加でしたが、同じチームの方が暖かく迎えてくれたのでなんとか乗り越えることができました。


チームやその他関係者の方、本当にお世話になり、ありがとうございました。


Firebase Startup #3の内容

今回のテーマは、「Firebaseを使ってWordPressのようなCMSを開発しよう」でした。

私には全く想像もできませんでしたが、Firebaseでそういうことができるみたいです。すごいですね。

中島さん(Windows 95を設計した日本人として有名な方)によって「firepresso」というたたき台が作られていたので、それに対してみんなで機能を追加していこう!というのが今回の主な趣旨になります。

テーマが良かったのか、前回と比べて明らかに今回の方が参加人数が多かったです。


チーム編成は、以下の流れで行われました。

①まず、自分が実装したい機能を決める
②その機能をメモ用紙に書いて、各自がホワイトボードに貼る
③②の内容のうち、機能が同じ&近いものはまとめる
④③の中から自分がやりたいモノに挙手する

→チーム作成完了!


この方法だと私のチームは8人もいたため、半々で分かれることになりました。


設計と実装

チーム分けが終わると、すぐに設計と実装に入りました。

私が所属していたチームは「コメント機能を追加する」です。

ハッキリ言って私の出番はここにしかないので、色々と機能を言ってみましたが、実装できないと意味がないので役には立てませんでした。無念です。


機能としては

・各記事の下部にコメント欄を追加する
・コメントなので、ログインしていないユーザーもコメント入力を可能とする
・そのコメントが記事と同時に読めるようにする

というシンプルなものなのですが、データ構造や、どこに何を記載したら良いのかなど、考えることや検証することがたくさんあってとても難しいようでした。
(一緒に悩めなくて本当にすみません)


設計&実装の時間も、1時間ちょっとしかなかったので、完了できたチームはなかったと思います。
(思い違いでしたらごめんなさい)

もう少し実装の時間があっても良いのにな、と感じました。


参加した感想

私自身がエンジニアではなかったため、周りの方の話を聞くだけだったのですが、それだけでも十分有意義に過ごすことができました。


・Firebaseのデータ構造はむずかしい
・リレーショナルDBの考え方でいくと「?」となることが多い
・データ構造は階層が深くなるほど大変になる
→だから最初のデータ設計がとても大切


というお話を繰り返しきいたので、Firebaseで開発をされる方はおそらくこのあたりでつまづかれる事が多いのではないかと思います。


設計&実装の時間では、エンジニア同士で「ここでコレがとれないんですけど、どうしたら良いんですかね?」とか、「こうしたいんだけど何か良い方法を知ってますか?」というお話が飛び交っていて、とても活気があり、話を聞くだけで勉強になりました。


同じチームには「いつもは一人で開発しているので、知識をつけに来ました」という方もいらっしゃったので、同じような悩みを持っている方はぜひ参加してみることをオススメします。

私がみたところ、みんな初対面だったようなので、「誰とも話せなくて一人で寂しかったらどうしよう…」などは気にしなくても大丈夫です。

ただし、私のような超初心者はいなかったので(当たり前)、参加されるなら多少の知識は必要かと思います。
さすがに反省しました。


次回は2/29(土)の予定だそうです。

私もFirebaseで開発できるようになったら、リベンジ参加をしたいと思います(笑)

会で一緒になった皆様、お世話になりありがとうございました!


※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

bono

業務では主にウェブサイトの解析、レポート作成、改善提案などを行っています。
上級ウェブ解析士

銀座ITラボ | FirebaseやAWSに関する技術情報を配信中

銀座ITラボは、iOS/Androidアプリなどのスマホアプリ、Firebase、AWSなどのクラウドサービス、Webシステム等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000