SESでメールの受信設定

Route 53で設定されているドメイン名あてのメールを受信するための設定を行ったので手順を記録します。

今回は、admin@ドメイン名のメールが受信できる(S3へ保存される)ように設定しました。


1) SESへドメインを登録する

AWSマネジメントコンソールSESから、左メニューの「Domains」を選択⇒「Verify a New Domain」ボタンをクリックします。

Route 53で登録されているドメイン名を入力して「Verify This Domain」ボタンをクリックします。

Email Receiving Recordにチェックを入れ、「Create Record Sets」をクリックします。

AWSマネジメントコンソールSESから「Domains」メニューを選択し、該当のドメインのVerification Statusがverifiedとなっていることを確認します。

(verifiedとなるまで数分かかりました)


2) SESの受信設定をする

AWSマネジメントコンソールSESからEmail Receivingメニューの「Rule Sets」を選択します。

「Create Rule」ボタンをクリックします。

Recipientに受信するメールアドレスを入力します。(admin@ドメイン名を入力しました)

「Add Recipient」をクリックし、「Next Step」をクリックします。

今回はメールをS3へ保存したいので、Add actionでS3を選択し、「Next Step」をクリックします。

S3 bucketへ受信したメールを保存するバケットを選択し、「Next Step」をクリックします。

Rule DetailsでRule nameに任意の名前を入力して「Next Step」をクリックします。

(そのほかの項目は全てデフォルトのままとしました。)

Reviewで確認し、「Create Rule」をクリックし、SESの受信設定は完了です。


3) メールが受信できるか確認をする

admin@ドメイン名あてにメールを送信して、S3へ保存されるか確認します。

以下のようなメールを送信しました。

S3のバケットを確認すると「fod50q6spcff7d4ikl0m62n3ce1cs2gi6khr33o1」というファイルが保存されていました。

早速ダウンロードして、開いてみましたが、エンコードされていてメールの内容がよくわかりませんでした。

調べたところ、メールの内容を見るには以下の作業が必要のようです。

  1. S3のファイルをダウンロード
  2. ファイル名の末尾に .eml 拡張子を追加
  3. Microsoft Outlook や Mozilla Thunderbird などの E メールクライアントを使用してファイルを開く

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/ses/latest/DeveloperGuide/receiving-email-getting-started-view.html

拡張子を追加し、Mozilla Thunderbirdで開くと、送信したメールが受信できていることが確認できました!

※掲載内容は、記事公開時点のものです。紹介されているサービス内容は変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にサービス提供元等をご確認ください。

銀座ITラボ | FirebaseやAWSに関する技術情報を配信中

銀座ITラボは、iOS/Androidアプリなどのスマホアプリ、Firebase、AWSなどのクラウドサービス、Webシステム等の技術情報に関する記事を紹介するシンプルメーカーのオウンドメディアです。

0コメント

  • 1000 / 1000